【赤外線】その他の非破壊診断

赤外線診断は、目視で見えない部分を画像化したり数値化することで、非破壊で建物に潜む問題点を教えてくれます。 建物に潜む問題を放置しておくと、建物自体の劣化が進み、老後に大きなメンテナンス費用がかかったり、カビの発生など健康上好ましくない環境になります。デザインや使い勝手も大切なことですが、建物や人の健康についても目を向けていきませんか?

1.雨漏り診断

外壁を塗装し直したのに雨漏りが直らない。といった話をよく聞きます。それは、雨漏りの原因が他にあったからです。目視による診断は、必ずしも正しいとは限りません。【赤外線】雨漏り診断は、外壁全体に雨漏りの異状が無いか?調査します。外壁の塗り替えリフォームをするときには、しっかり外壁の状態を把握してから対策を打っていきましょう。

赤外線 雨漏り調査 外壁診断 サーモグラフィ調査

可視画像です。外観では特に異常は見られません。

赤外線 雨漏り調査 外壁診断 サーモグラフィ調査

赤外線カメラの画像です。低温が検出されました。

赤外線 雨漏り調査 外壁診断 サーモグラフィ調査

解析で低温部分を抽出した画像です。窓のコーナーから水の低温が広がっています。雨漏りと思われます。


2.断熱欠損調査

新築では、壁材を貼る前に、断熱材が正しく入っているか?を検査出来ます。しかし、既築の家では、断熱材は、壁の中に隠れていて、見えません。断熱材は、年月と共に性能が落ちたり、ずれ落ちてしまいます。また、建てた当時の大工さんが、断熱材を入れ忘れていることも良くあります。(下写真)断熱材が欠損していると快適性を損なうばかりでなく、結露を引き起こす原因となります。

赤外線サーモグラフィでは、壁を壊さずに断熱材の欠損状態を見つけることが出来ます。断熱リフォームの際には、ぜひ、赤外線サーモグラフィで断熱材の調査・診断をしましょう。

赤外線画像 断熱欠損 サーモグラフィ調査


3.筋交い調査

筋交いは、地震の時に建物の横揺れを防ぎ、倒壊しないようにする大切な構造体の一つです。この筋交いが、古い建物ですと、図面通りに入っていないことがあります。また、建物の図面自体が残っていないために耐震性があるのか無いのかすらわからない建物もあります。

やはり、大切な命と資産ですから、大地震が来ても、倒壊しないように備えたいですね。

このような場合に、サーモグラフィカメラで筋交いがどこにあるか?そしてどのように入っているかを調査します。下写真は、実際の調査画像です。

非破壊で耐震リフォーム工事の計画を作る際には、ぜひご利用ください。

赤外線写真 サーモグラフィ調査 筋交い調査

可視画像です。筋交いは見えません

赤外線写真 筋交い調査 サーモグラフィ リフォーム診断 耐震調査

赤外線写真です。筋外が映し出されています。

赤外線 筋交い調査のページはこちらから


4.建物劣化調査

建物の劣化の進行は、なかなかわかりにくいものです。

病気と同じで、症状が目で見てわかるようになったときは、劣化がかなり進行しています。早い内に建物の状態を把握して、的確な処方箋で工事を行いませんか?

建物劣化の診断事例はこちらから


ご相談、お見積もりは、下記フリーダイヤルか、メールでお気軽に!

 


HOME

【赤外線】環境・断熱診断

【赤外線】断熱材調査

【赤外線】 雨漏り調査・相談

【赤外線】 結露調査・相談

【赤外線】 断熱性能(U値)測定

気密性能(C値)測定

【赤外線】外壁劣化診断

【赤外線】外壁タイル浮き調査

【赤外線】その他の非破壊診断

赤外線カメラによる撮影サービス

カビ対策

会社概要

 

 

 

contact_txt