サーモアドベンチャー

建物診断で、健康・快適・安心を提供します

建物診断技能士
建物診断で安心・安全を提供します

医療では、治療の前に様々な精密検査を行い、体の状態を診断します。一方、建築では、殆どが目視による検査を行っています。その結果、建築後に考えていたとは違う結果になる事が多々あります。

弊社は、高性能な赤外線カメラなどの専門機器によって建物の検査を行い、データを解析し、処方箋を提案する会社です。

建物診断を通して、皆様に健康・快適・安心を提供いたします。


【健康・快適に関する各種診断】

人が健康で快適に暮らすための建物診断です。

寒さによる脳卒中、暑さによるヒートショック、カビ等による健康被害等の建物が健康に与えるリスクを改善したり、寒さ暑さの原因を解決して快適に暮らせるようにお手伝いをします。

1.ヒートショックリスク測定と改善の提案

日本人の健康寿命は、平均寿命より、7~10年短かくなっています。そして、「寝たきり」の要因は、1位が脳血管疾患です。この脳血管疾患の誘因となるのが、室内の急激な温度変化によるヒートショックです。

弊社は、高性能なデータロガーで24時間、各部屋の温度推移を測定して、建物内のヒートショックリスクを調べます。そして、断熱性能を調査・計算して、改善提案を行います。

もちろん、新築時や断熱リノベーション後の各部屋の温度シミュレーションによる、ヒートショックリスク判断も可能です。

2.カビ調査

カビは、アレルギーや過敏性肺炎を引き起こすばかりでなく、ダニの餌にもなります。また、ごく稀ですが、感染症で死に至るカビ種も存在します。カビの種類や量を調査して、是正の提案も行います。

カビ対策のページはこちら

3.高性能サーモグラフィによる断熱材欠損調査

赤外線画像 断熱欠損 サーモグラフィ調査

断熱材は、年月と共に性能が落ちたり、ずれ落ちてしまいます。また、建てた当時の大工さんが、断熱材を入れ忘れていることも良くあります。断熱材が欠損していると異常な寒さを感じたり、結露を引き起こしたりします。

弊社は、高性能な赤外線サーモグラフィカメラによって、壁を壊さずに断熱材の欠損状態を見つけることが可能です。

異常な寒さを感じたり、断熱リフォームを計画する際は、一度、断熱材がしっかり入っているか?調べてみませんか。

断熱材欠損調査のページは、こちらから

4. 断熱性能(U値)測定

良い断熱材を使用したはずなのに、なぜか寒い。

大がかりなリフォームをするけれど、断熱工事はどこまで必要なの?

といった場合に壁・天井等の断熱性能(熱貫流率:U値)を測定することが可能です。寒さの原因を調べたり、断熱リフォーム計画の

元になる断熱性能が分かりますので、的確な断熱リフォーム計画を作ることが可能です。

非破壊で測定することが出来ますので、建物を傷めずに断熱性能を知ることが可能でございます。

断熱性能(U値)測定のページは、こちらから

5.気密性能(C値)測定

隙間の多い家は、冬はたくさんの熱が逃げて寒く、夏はたくさんの熱が入ってくるために暑く感じます。

もちろん、冷暖房も効率が悪くなります。

快適性や省エネのため、隙間の少ない家を作りませんか?

隙間の少ない家を作るためには、気密工事と気密測定をお勧めします。

リフォームの場合は、気密測定によって、今の建物の漏気箇所を知ることも可能です。

気密測定後には、気密性能の報告書を提出させて頂きます。

気密測定のページは、こちらから

6.建物の断熱性能(平均熱貫流率:Ua値)の計算と評価

新築のお住まい、リノベーションする前後のお住まいの断熱性能(平均熱貫流率:Ua値)を計算し、評価致します。

どこから熱が多く逃げているか?建物の断熱性能の等級や平均熱貫流率は、どのくらいなのか?を数値化することで、正確な断熱計画を提案することが出来ます。

7.各種シミュレーション

新築やリノベーションの際の断熱計画の為に、いくつかの断熱材や開口部(サッシやドア)のパターンでシミュレーションを行います。

①断熱性能シミュレーション:断熱材や開口部のパターンを変えて、建物の断熱性能(平均熱貫流率:Ua値)がどのようになるか?シミュレーションを致します。シミュレーション別に、ご予算の比較が可能ですので、工事計画の優先順位をご自身で決められます。

②光熱費シミュレーション:いくつかの断熱材や開口部(サッシやドア)のパターンと一次消費エネルギー(冷暖房計画、換気システム、照明計画、給湯・設備計画等)によって光熱費のシミュレーションを作成いたします。

③室温シミュレーション:いくつかの断熱材や開口部(サッシやドア)のパターンで、各部屋の室温シミュレーションを行います。真冬の寒い時期、真夏の暑い時期の各部屋の室温推移をシミュレーションできますので、部屋間の温度差や朝晩の温度差によるヒートショック対策や、快適性を知ることが出来ます。

④ZEHシミュレーション:ZEH住宅を希望の方に、ZEH基準のシミュレーションを行います。ご希望の仕様でシミュレーションしたり、ZEH住宅のための計画提案も行います。

健康・快適に関する各種診断のページは、こちら


【安心・安全に関する各種調査】

1.雨漏り調査

赤外線サーモグラフィ、含水率調査、水掛け調査をくみあわせ、雨漏りの原因調査と是正の提案を行います。非破壊調査なので、建物にダメージを与えることなく調査が可能です。

雨漏り調査の赤外線写真
窓から雨漏りしている赤外線写真(青部が雨の道筋)

赤外線 雨漏り調査のページはこちらから


2.結露調査

赤外線サーモグラフィ温湿度計、ファイバースコープ、含水率計等で、建物の環境を測定して、結露の原因を突止め、結露が発生しにくい環境作りの是正提案を行います。

天井結露の赤外線写真
天井結露の赤外線写真

赤外線 結露調査のページは、こちらから


3.赤外線外壁タイル浮き調査

高性能な赤外線カメラによって、外壁タイルの浮き調査を行います。足場を組まずに調査が出来ますので、安価で住民や建物を使用する人に負担をかけずに調査が可能です。定期報告制度にも利用できます。

外壁タイルの剥離調査画像
法律で外壁タイルが落下しないように定期点検が義務づけられています。

赤外線 タイル浮き調査のページはこちらから

4.ワンストップカビ対策

雨漏り、結露が発生すると必ずと言っていいほど、カビが発生しています。カビを放置することは、健康的に好ましくありません。

弊社は、カビの除去から再発防止のために①除カビ・防カビ工事 ②カビ調査 ③カビ原因調査の3つのサービスを提供します。

ワンストップカビ対策によって、カビを完全に除去し、再発防止を実現する事が可能です。

ワンストップカビ対策のページはこちらから


5.赤外線によるその他の非破壊診断

赤外線非破壊診断は、目視で見えない部分を画像化したり数値化することで、建物に潜む問題点を教えてくれます。 建物に潜む問題を放置しておくと、建物自体の劣化が進み、却って大きな費用がかかったり、耐震性に支障をきたし、安全性を損なう恐れがあります。

デザインや使い勝手も大切ですが、建物の耐久性や耐震性についても目を向けていきませんか?

劣化診断の赤外線画像
雨水の侵入と外壁モルタルの浮きが多数箇所見られます。

赤外線によるその他の非破壊診断はこちら


【赤外線カメラによる撮影サービス】

施工後の遮熱工事の効果を表す赤外線写真、商品効果による人体の温度状態、自然界の温度分布など、赤外線カメラによる撮影サービスを行っております。どのようなことでも、お気軽にお問い合わせください。

木の赤外線写真です。
木の赤外線写真。水を含んでいる幹は温度が低くなっています。

赤外線カメラによる撮影サービスは、こちらから


【使用している赤外線カメラ】

赤外線カメラも多くの種類があり、性能も様々です。弊社の使用しているカメラは、価格は、250万円と高価ですが、より正確な診断のために、0.03℃まで温度分解能力を持つ高性能な赤外線サーモグラフィを使用しております。

赤外線サーモグラフィカメラ
使用している高性能な赤外線サーモグラフィ

使用している赤外線カメラの紹介はこちらから


【会社概要・代表挨拶】


ご相談、お見積もりは、下記フリーダイヤルか、メールでお気軽に!