赤外線結露調査

地下室の結露 防水の弱い所に地下水が影響しています
結露は、自然現象です。雨も結露が降ってきた物です。この結露が建物の中で発生すると、カビや腐朽菌、しろありが発生しますので、人や建物に被害が及びます。

【結露の兆候】

●コンセントやスィッチ回りにカビが生えてきた。

●夏になると1Fの天井が濡れてきた。

●壁や天井の入隅が、だんだん黒ずんできた。

●軒裏に染みが出てきたが原因がわからない

●冬になると寝室の壁が濡れる

等々、これらの現象は、殆どが結露です。今、気候変動、建物の断熱化により、結露が急増しています。結露を放置すると、健康はもちろん、建物にも害が生じます。

【結露による被害】

結露が発生すると、私たちの暮らしに様々な被害を及ぼします。

被害1 かび菌  

カビ画像
カビは環境を改善しないと何度も生えます。

カビと結露は、セットのようなものです。結露のあるところにカビ有り。と言っても過言ではありません。カビは、アレルギー、喘息、肺炎、日和見感染、内臓疾患など、人の健康に様々な被害を与えることがあります。

被害2 腐朽菌 

天井に結露水の低温が検出されました

結露は、腐朽菌ともセットのようなものです。結露によって含水率が上がった木材は、腐朽菌が繁殖し、建物の耐久性・耐震性に大きな影響を及ぼ子可能性があります。計算上、耐震性能があってもそれを支える構造材が腐っては、安心できません。

被害3 白蟻 

結露は、白蟻を誘引します。日本のシロアリは、湿気が大好きだからです。特にイエシロアリは、大きなコロニーを作り、構造に大きな影響を与えます。白蟻の駆除をしても結露を直さないと再発する可能性が高いと言えるでしょう。過去の阪神淡路大震災・東日本大震災で、倒壊した多くの建物が、白蟻や腐朽菌による構造材の劣化が原因でした。

白蟻対策のページはこちら

【結露の種類】

建物に発生する結露は、いろいろな種類があります。

季節で分けるのが、夏型結露と冬型結露です。今まで常識とされてきた断熱仕様は、冬型の結露対策が

中心でしたが、最近の猛暑によって、これからは、夏と冬、両方の内部結露に対する防露対策の必要が出てきました。

猛暑は最近の結露の原因に

また、発生箇所では、内部結露と表面結露に分かれます。表面結露は、悪化状況が見えますが、内部結露は見えないので構造体などに影響を与えます。

そして、発生原因による分け方は、温度差由来結露と水蒸気由来結露とあります。

そして、他にも結露の原因は、暮し方断熱、換気、気候変動、土地の環境、素材であったりと様々です。

結露の種類によって、対処方法が全く異なりますので、正しい診断をしましょう。


【赤外線結露調査】

赤外線結露調査は、最初に高性能な赤外線カメラで結露発生箇所の温度状況の確認と結露水の確認を行います。

壁内結露の発生 赤外線画像
壁内結露の赤外線画像

次に、居室、床下、天井裏、壁中の湿度測定を行います。下のグラフは、湿度の推移グラフです。湿度の推移を見ることで、湿気がどこから来るのかが分かります。

湿度の推移

そして、測定されたデータと断熱材、構造材、下地材、仕上げ材の全ての熱伝導率、透湿抵抗値から結露計算を行い、結露の発生原因をつきとめていきます。

結路線図によってどの箇所で結露が発生するかを分析します。

最後に、結露発生の原因によって、是正の提案書を作成していきます。


【カビ対策】

雨漏りがしていると壁の中や天井裏、床下にカビが発生していることがあります。カビをそのまま放置しておくと、カビアレルギーなどの健康被害は起きますので、カビを除去することをお勧めします。弊社では、カビを完全に死滅させる除カビ工事、カビの発生を抑制する防カビ工事も行っております。ご希望の方には、お見積もりします。

さらに、より安心して頂くため、除カビ・防カビ工事前と工事後のカビ調査も行っております。カビ調査は、空気中のカビの種類と量を測定する浮遊カビ調査、木材などに付着しているカビの種類と量を測定する付着カビ調査がございます。調査結果は、カビ菌を採取してから、2週間ほどかかります。こちらもご希望の方には、お見積もりをさせて頂きます。

カビ対策について、詳しくは、こちらをご覧下さい


【腐朽菌対策】

雨漏りや結露水が木部に達している場合、腐朽菌が発生している場合があります。腐朽菌は、カビと違い、構造材を腐らせますので、耐震性・耐久性に影響を与えます。木材が雨漏りや結露で濡れた場合は、弊社のホウ酸による腐朽菌対策工事をお勧めします。


【結露調査の対象】

住宅、工場、学校、病院、宿泊施設、商業店舗、老人ホーム、公共施設、マンション、重要文化財など、建物を選ばず調査が可能です。


【結露調査の報告書事例】

結露調査の報告書事例の一部です。参考にして頂ければと思います。

夏型結露の調査事例寝室結露冬型結露


【結露調査のご依頼の流れ】

1.お問い合わせ・お見積もり

まずは、メールまたは、お電話でご相談、お問い合わせください。オンラインでの事前相談(無料)も可能です。現状の写真、設計図書、現場状況などを拝見してお見積もりさせて頂きます。

2.調査

調査お申込後、スケジュールの調整の上、調査に必要な機器を持ってお伺いします。 外部からの赤外線撮影が必要な場合、雨天の際は日程が変更になります。 

3.調査報告書・是正提案書

赤外線写真の解析、可視画像、温湿度のログデータ等の解析によって、結露の原因、是正提案の報告書を作成いたします。


ご相談、お見積もりは、下記フリーダイヤルか、メールにてお願い申し上げます。

 

ラインのQRコード