断熱性能(熱貫流率:U値)測定

 

★壁にどんな断熱材が入っているかわからない。

★壁の断熱材が、グラスウールなのは知っているが、どのくらいの厚みなのか、どのくらいの性能のグラスウールなのか?わからない。

★断熱材が劣化していて、断熱性能が落ちていないか?心配だ。

といったことを良く耳にします。 一言で、グラスウールが入っていると言っても、グラスウールの種類は、性能によって50種類以上もあるのです。同じ厚みでも、グラスウールの性能は、全く違います。 断熱材の性能を知らなくては、正しい断熱リノベーション工事を計画できません。 リノベーション工事をするなら、現在の断熱性能を把握して、どのような断熱工事が必要か?計画を立てましょう。 弊社では、壁はもちろん、床、天井の断熱性能(熱貫流率:U値)の測定も行っています。

【壁の断熱性能測定】

壁は、どのような断熱材が入っているか、1番わかりにくい場所です。

下の写真は、断熱性能(熱貫流率U値)を測定している風景です。

このように夕方に機材をセットして、一旦帰ります。

一晩中、自動的に壁の断熱性能のデータが蓄積されます。

そして、翌朝に機材を撤去します。後は、データを解析し、計算して壁の熱貫流率を算出し、報告書を作成します。

もちろん、測定は、住まいながらすることが可能です。

【モデルハウスの性能測定】

★新しく開発した独自の断熱システムのモデルハウスがどのくらいの熱貫流率があるのか知りたい

★サッシを二重サッシにしたけれど、どのくらいの性能値が出ているか?知りたい。

★設計値の熱貫流率と実測値の熱貫流率を比較したい。

等々、新築住宅やモデルハウスの断熱性能測定も行います。 壁はもちろん、床・天井・サッシなども性能を測ることが可能です。

 

 

 

メニュー一覧

HOME
お知らせ
ご挨拶
断熱調査
結露調査
雨漏り調査
外壁タイル浮き調査
その他のサーモ診断
除カビ・防カビ
防蟻工事
ご相談・お申し込みはこちら