【赤外線】外壁劣化診断

その外壁、目で見るだけで大丈夫ですか?

その外壁、目で見るだけで大丈夫ですか?

外壁は、構造体を雨水や紫外線から守ってくれる大切な防護服です。外壁にクラックや膨れ、浮きなどが生じると、雨水が浸入して、構造体が腐ったり、白蟻を誘引したりします。 ただ、これらの劣化現象は、初期段階では、なかなか目ではわかりにくいのが現状です。 劣化も病気と同じで、症状が出てからでは、劣化が進行していると言えるでしょう。 外壁塗装や、リノベーションをする際に、内部の早期劣化がわかれば、下地の部分から手を入れることが出来ますので、早めの治療が可能です。 下の写真は、ある建物の外観の赤外線写真です。 温度が高い箇所は、膨れや浮きの部分です。この部分は、雨水が浸入しますが、通常は乾いていて日光の影響で高温に出ます。また、温度の低い部分は、雨水が残っていると思われます。これは、水が外壁や断熱材に染みこんで乾燥しにくい環境にあるため、低温に出ています。いずれの場合も、建物にとっては好ましい状態と言えませんが、膨れや浮きは、下地の部分から手直ししないと直らないケースが多いので、外壁塗装だけでは、根本的に良くなりません。 外壁の劣化状態がわかり的確な処方箋が出来ますので、【赤外線】外壁診断をお勧めします。
外壁劣化の赤外線写真

モルタルの外壁の劣化写真。黄色丸は、膨れ箇所の高温、赤丸の低温は、雨水浸入箇所です。


ご相談、お見積もりは、下記フリーダイヤルか、メールでお気軽に!


HOME

【赤外線】環境・断熱診断

【赤外線】断熱材調査

【赤外線】 雨漏り調査・相談

【赤外線】 結露調査・相談

【赤外線】 断熱性能(U値)測定

気密性能(C値)測定

【赤外線】外壁劣化診断

【赤外線】外壁タイル浮き調査

【赤外線】その他の非破壊診断

赤外線カメラによる撮影サービス

カビ対策

会社概要