その他のサーモグラフィ調査

建物の診断以外にも、私たちの身近な場面でサーモグラフィの技術が利用されています。ここでは、いくつかの活用方法をご紹介します。

1.筋交い調査

筋交いは、地震の時に建物の横揺れを防ぎ、倒壊しないようにする大切な構造体の一つです。

この筋交いが、古い建物ですと、図面通りに入っていないことがあります。

また、建物の図面自体が残っていないために耐震性があるのか無いのかすらわからない建物もあります。

やはり、大切な命と資産ですから、大地震が来ても、倒壊しないように備えたいですね。

このような場合に、サーモグラフィカメラで筋交いがどこにあるか?そしてどのように入っているかを調査します。非破壊で耐震工事の計画を作る際には、ぜひご利用ください。

2.外壁劣化調査(住宅)

そろそろ外壁の塗り替え時期が来たから塗り替えましょう!         

フッ素塗料の耐久性が良いので、少し高いけど 使ってみませんか?

外壁塗装をすれば、雨漏りが直りますよ!

等々、様々な提案を受けますが、外壁塗装をしても雨漏りは直りません。外壁を見てもプロではないので、なかなか判断できませんね!

そういうときは、サーモグラフィ外壁診断を受けてみませんか? 目では見ることの出来ない、劣化の状態をサーモグラフィカメラで調査して、どのような処置をするべきか?を診断します。

下の写真の赤い丸で囲んだ箇所が浮いていて雨水が浸透しています。目視では、見えない部分ですね。まずは、雨漏りの原因を解決してから、外壁塗装を行えば、腐食やシロアリの害を予防できますので、安心です。

このように、正しいメンテナンス方法が選択できるので、結果的に生涯のメンテナンスコストを削減出来ます。

※住宅瑕疵担保履行法では、築10年以内の雨漏れには瑕疵保険が適応され、雨漏れの検査費用、工事費用の一部が支給されます。築10年以内に雨漏れがあった場合は、早めに保険申請をして、専門の検査を受けましょう。

◆外壁劣化調査の事例紹介は、こちらから

3.太陽光発電のパネル劣化診断

太陽光発電のセルは、長年のうちに劣化してきます。パネル一枚の中のセルが一箇所でも劣化すると、パネル全体が発電しなくなります。セルの劣化は、同時期にやってきますので、急に発電量が少なくなったりします。左の写真の白くなっている部分が、セルが劣化しているところです。メガソーラーなど事業としているところは、事業収支に関わってきますので、赤外線サーモグラフィカメラで定期的に検査をしましょう。

※診断費用は、お見積もり申し上げます。

4.室内温度分布調査

写真左は、リビングの可視画像で、写真右が、赤外線サーモグラフィカメラで撮影した温度分布の写真です。床の温度が低く、天井の温度が高いことがわかります。床の断熱性能が低いためにこのような温度差が生じます。

室内の温度が下がることによって、血圧が上昇し、体に負担をかけたり脳梗塞を誘発することがあります。また、就寝の際、朝方、温度が下がることで血圧が上がります。冬の朝方の一番冷え込む時間帯に、一番脳卒中で搬送されることが多い(2番目が入浴時間)のもそういったことが原因の一つと考えられます。

 ご自身はもちろん、愛する家族の健康寿命を延ばして 、楽しい老後を過ごしていきましょう。

5.遮熱塗料の効果診調査

工場の屋根の遮熱塗料の施工を下部分としていない部分の温度差を高性能赤外線サーモグラフィカメラで撮影しました。青い部分が、遮熱塗料を施工した部分で、温度は26.4℃、赤い部分が未施工の部分で、温度は46℃。その差は約20℃もありました。アメリカから輸入した遮熱塗料ですが、すごい効き目ですね!

6.白蟻の蟻道確認

雨漏れが原因で、2Fの柱までヤマト白蟻が住みついていました。通常の白蟻の薬剤は、農薬と同じですので、人体にとって良くありません。今回は、人体に無害なホウ酸を使って処理をしました。

写真は、ホウ酸水溶液を注入後、赤外線サーモグラフィカメラで撮影たものです。蟻道と思われるところにホウ酸水溶液が注入されている様子がくっきりと映し出せました。

7.その他の赤外線調査

その他、さまざまな分野で赤外線サーモグラフィカメラを活用できます。
例えば
● 山間の法面の劣化診断
● 電線の劣化診断
● 工場や飼育施設の屋根の防水・断熱化工事のチェック など
その他、建物以外でもお困りのことがございましたら、遠慮なくお問い合わせください。
当社は、赤外線診断ネットワーク(街と暮らし環境機構TERS)と提携し、サーモ技術を活用したさまざまな診断業務を承っております。

法面の劣化診断

8. 空気環境(シックハウス)診断

サーモアドベンチャーでは、空気環境診断も行っております。

化学物質過敏症は、花粉症と同じでホルムアルデヒドや5VOCなどの化学物質が人の許容量を超えた時に発症します。化学物質過敏症は、一度発症してしまうとまともに日常生活を送れないことがあります。

このような化学物質過敏症を防ぐために、2003年、建築基準法で、建材に使用するホルムアルデヒドに関する法律が制定されました。ホルムアルデヒドを規制した建材を使用すること、そして、1時間に0.5回以上の換気を行うことが法律で決められました。しかし、この法律は、新築住宅が対象で、リフォーム工事は対象外です。

また、建材は規制に沿った物を使用していても、ホルムアルデヒドの濃度が高く検出されることがあります。その原因の多くは、家具です。とくに量産家具はホルムアルデヒドを多く含むことが有り、注意が必要です。

サーモアドベンチャーでは、室内のホルムアルデヒドの空気環境測定も致します。 ご家族の誰かに、部屋に入ると頭痛がする。とか気分が悪くなるとかいった症状が出たり、アレルギーをもった小さなお子様のいる方等、一度、住まいの空気環境を測定してみてはいかがでしょうか?

もし、ホルムアルデヒドの測定値が高い場合は、お部屋にホルムアルデヒドの吸着剤を塗布するご提案をさせて頂きます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 電話1-1.png



メニュー一覧

HOME
お知らせ
ご挨拶
断熱調査
結露調査
雨漏り調査
外壁タイル浮き調査
その他のサーモ診断
除カビ・防カビ
防蟻工事
ご相談・お申し込みはこちら