サーモ断熱・気密診断

快適な暮しは、数値化できる時代になりました!

高気密・高断熱住宅は、快適な暮し、脳卒中予防、結露防止、光熱費節約など様々なメリットがあります。

新築はもちろん、効果の上がる断熱リフォームの為に、現在の建物の断熱性能や気密性能の調査を行って、的確な高気密・高断熱化住宅の計画を立てていきましょう!

1.断熱性能の測定

サーモグラフィカメラと専用の測定機器を使って、実際の壁・天井・床の断熱性能を測定いたします。現在の建物の断熱性能を測定して、断熱化リフォームが必要か?どのくらい光熱費が節約できるか?検討していきませんか?

断熱測定のイメージ図です

断熱測定の事例を見る

2.気密性能の測定

新築住宅はもちろん、断熱化リフォームに欠かせない性能が気密性能です。建物の気密が低いとせっかく良い断熱材やサッシを使っていても建物全体の断熱性能が落ちてしまいます。その結果、すきま風で寒さを感じたり、光熱費がかかったり、また結露をひき起こしたりします。建物の気密を上げて、計画的な換気をとることで、より快適で、安全な暮しを手に入れましょう!

気密測定機器

気密測定の事例を見る

3.断熱材の診断

断熱材は、年月と共に性能が落ちたり、ずれ落ちてしまいます。また、建てた当時の大工さんが、断熱材を入れ忘れていることも多々あります。断熱材の性能が落ちていたり、断熱材が入っていなかったりすると、快適性や光熱費に影響があるばかりでなく、壁の中に結露が発生し、カビが繁殖することもあります。

サーモグラフィでは、壁を壊さなくても断熱材の欠損状態を見ることが出来ます。人と建物の健康の為に、リフォームの際には、断熱材の欠損調査をしましょう!

窓の上部 断熱材がずれ落ちた部分が、夏の暑さで赤く(高温)出ています

断熱材の診断事例を見る

4.結露診断

今のお住まいや計画中のお住まいの断熱仕様を計算式に落とし込み、結露の診断を行います。

地域によって気候が違いますので、地域にあった断熱・気密仕様が判定できます。

5.建物性能や光熱費シミュレーション

新築住宅の性能や光熱費がどのくらいかかるのか?また、断熱化リフォームの際に、リフォーム前後でどのくらい性能や光熱費が変わってくるのか?シュミレーションが出来ます。断熱化工事で費用を数年で元が取れるなら、快適で健康な日々を暮らせる方が良いですね!

リフォーム前後の光熱費の比較例。リフォーム後は年間、171,050円光熱費がお得です。

シュミレーション事例を見る

◆サーモ断熱・気密診断の価格表

●個別価格価格(税別)   備 考
断熱性能測定(壁の熱貫流率U値測定) 60,000円箇所
気密性能測定(隙間相当面積C値測定) 50,000円回 
断熱材診断 30,000円断熱材欠損調査
光熱費シミュレーション 60,000円リフォーム前後比較
●セット価格
断熱測定・気密測定・断熱材診断 100,000円
断熱測定・気密測定・断熱材診断
光熱費シミュレーション
150,000円結露診断を含みます

上記の価格は、床面積150㎡以下(約45坪)を想定しております。

◆断熱・気密診断の各調査ができる地域

●断熱欠損調査・断熱性能調査は、日本全国で調査が可能です。

●気密性能測定調査は、関東・甲信越・静岡県・福島県まで調査が可能です。

◆高気密・高断熱住宅の建築や断熱化リフォーム工事をご希望される方へ

高気密・高断熱住宅や断熱リフォーム工事をご希望される方に、経験豊かな建築会社をご紹介します。建築中に、気密測定、断熱材調査も行いますので安心です。関東・甲信越地域で対応が可能ですので、遠慮無くお申し付け下さい。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: メールボタン2.png

メニュー一覧

HOME
会社概要
サーモ断熱・気密診断
雨漏り調査
結露調査・診断
サーモ外壁調査・外壁工事
その他のサーモ診断
サーモ防カビ対策
サーモ診断事例のご紹介
ご相談・お申し込みはこちら