【赤外線】 環境・断熱診断

【赤外線】 環境・断熱診断で「快適」や「安心」を提供します!!

快適な暮らしは断熱リフォームで

快適な暮らしは快適な環境つくりから始めませんか?

冬の寒さ・夏の暑さでお困りの方、冷暖房費を節約したい方、お客様へ的確な断熱工事を提案したい方々へ

・・・建物の環境・断熱診断をしてみませんか?

環境・断熱診断をすることで、「快適」「省エネ」「健康」な暮らしの為にするべき事が、見えてきます。


1.【赤外線】断熱材調査

新築では、壁材を貼る前に、断熱材が正しく入っているか?は、検査が出来ます。しかし、既築の家では、断熱材は、壁の中に隠れていて、見えません。断熱材は、年月と共に性能が落ちたり、ずれ落ちてしまいます。また、建てた当時の大工さんが、断熱材を入れ忘れていることも良くあります。断熱材が欠損していると快適性を損なうばかりでなく、結露を引き起こす原因となります。

赤外線サーモグラフィでは、壁を壊さずに断熱材の欠損状態を見つけることが出来ます。断熱リフォームの際には、ぜひ、赤外線サーモグラフィで断熱材の調査・診断をしましょう。

断熱欠損のサーモグラフィ画像

窓の上のグラスウールがずれているようです。

【赤外線】断熱材調査のページは、こちら


2.温度分布調査

吹き抜けから冷たい風がおりてくる。キッチンの足下が寒くてつらい。等と言ったことはございませんか?

室内の温度分布を撮影して、温度環境を可視化することで、現状の問題が見えてきます。

下の写真は、吹き抜けを赤外線カメラで撮影した写真です。2Fの17.9℃に対して、1Fの壁温度が13.4℃と4.5℃も差がありました。

壁温度が、温度環境の弱いところの断熱を強化することで、問題を解決していきましょう。

赤外線カメラで撮影した吹き抜けの温度分布

赤外線カメラで撮影した吹き抜けの温度分布


3.赤外線 断熱性能(熱貫流率:U値)の測定調査

サーモグラフィカメラと専用の測定機器を使って、実際の壁(天井・床も可)の断熱性能(熱貫流率:U値)を測定いたします。これによって、実測値がわかります。断熱材の種類がはっきりわからない場合(グラスウールだけでも厚みを入れると50種類くらい有ります)や、構造上の問題で、断熱材の性能通りに断熱性能が出ていないケースがあります。

断熱リフォームをする場合は、しっかり今の断熱性能を測定して、どのような断熱工事が良いか?計画しませんか?

 
サーモグラフィで断熱診断を行うしくみ

赤外線サーモグラフィで壁の断熱性能を測定します。

断熱性能(熱貫流率:U値)測定のページはこちらから


4.気密測定

新築住宅はもちろん、断熱化リフォームに欠かせない性能が気密性能です。暖房をしているのに、どこからかすきま風がスースー入り込んできて、寒い!と思ったことはありませんか?気密性能によってエネルギーロスは、大きく違ってきます。

建物の気密が低いとせっかく良い断熱材やサッシを使っていても快適には暮らせません。また、光熱費が余計にかかったり、計画通りの空気の流れが出来ず、結露をひき起こしたりします。まずは、今の建物の気密性能を測定して、どのような気密化工事が必要か?計画することから始めませんか?そして、工事後にも、しっかり気密性能が出ているか?確認しましょう。

政府も、これからの省エネ基準に気密性能を取り入れていく予定です。建物の気密を上げて、より快適で、安全な暮しを手に入れましょう!

気密測定の測定写真

気密測定。建物を負圧にして隙間の量を測定します。

気密測定のページはこちらから


5.湿気調査

床下・居室・小屋裏の温湿度を測定してみませんか?24時間の湿度データを取ることで、今のお住まいの湿気がどこに発生源があるのか?問題点が見えてきます。問題点を解決することで、快適性が向上するばかりでなく、結露・カビ・ダニの予防につながってきます。

結露 対策 調査 湿度 測定 水蒸気調査

各部屋の水蒸気量の推移グラフです。湿気の原因が見えてきます。

湿気調査のページはこちらから


6.室温調査とシミュレーション

日本人の死因や寝たきり(要介護5)になる原因に多いのが、脳血管疾患です。これを誘引するのが血圧の急上昇です。家の中では、入浴時や朝方にかけて急激に温度が低下する際、血圧が上がり、脳血管疾患になる事が多いようです。

そこで、今のお住まいの各部屋の室温の変化を測定してみませんか?24時間の温度データを取ることで、暑さ寒さの状況が見えてきます。また、断熱リフォーム後の室温のシミュレーションも可能です。脳卒中の発症が多いとされている、寝室や脱衣洗面所の温度をシミュレーションして、健康的な温度環境を作りましょう。

元気で長生き。。。健康寿命が長い幸せな老後を求めていきましょう。

部屋別の室温の推移グラフ

部屋別の室温の推移グラフです。室温の低下が見えてきます。


7.結露診断

サッシや壁に結露やカビが発生して困ったことはありませんか?今、発生している結露やカビが、どのような断熱工事をすることで解消できるか?結露診断を行います。

結露の起きる室内環境条件グラフ

外気温が0℃の時の結露の起きる室内環境の条件グラフです。


8.断熱リフォームシミュレーション

適格な断熱リフォームの為に建物性能を数値化しましょう!

断熱リフォームをするときに、建物のどこから熱が多く逃げているのか?また、夏にどの部分から日射熱が多く入り込んでいるのか?を知ることで、断熱工事の仕様と優先順位を選ぶことが出来ます。下図は、建物の部位別に逃げている熱量の図です。1番屋根から熱が逃げていて、2番目が開口部、3番目が外壁、4番目が床となっているのが良くわかりますね。

このように建物のどこからどのくらい熱が逃げているかを図と数値で示すことで、どこの部位をどのくらい断熱工事をすれば良いかがわかってきます。予算をかける優先順位も明確ですね。

熱損失の量を示した断熱性能シミュレーション

建物のどこから熱損失が大きいかを数字で見ることが出来ます

           

次に熱が逃げている箇所を断熱リフォームした場合のシミュレーションです。工事費用を抑えるために、解体工事が無い屋根・開口・床の断熱化工事を行い、外壁は、北側の寒い部屋のみ断熱パネルを貼る提案をしました。その結果が下図です。

屋根・開口・床からの熱損失が大きく減少しているのがわかります。建物全体の熱損失が、516.56W/K→146.09へ、70%以上も大きく減少しました。

断熱性能シミュレーション図

断熱リフォーム後にどのくらい熱損失が減ったかを箇所別に見ることが出来ます。

 

下図は、リフォーム前後で、どのくらい光熱費が安く出来るのか?シュミレーションをした例です。断熱化工事によって年間10万円以上の冷暖房費が節約できる結果となりました。断熱リフォーム工事費の補填になる上、老後にかかるランニングコストも節約できるので、将来も安心ですね。

光熱費シミュレーション

断熱リフォーム前後の年間光熱費のシミュレーション

 


※一般ユーザーの方へ

 断熱工事に精通した提携リフォーム会社のご紹介も承っております。

※建築会社、設計事務所、建物管理の方へ

 お客様への断熱リフォーム工事や環境改善の提案をご支援いたします。


ご相談、お見積もりは、下記フリーダイヤルか、メールにてお願い申し上げます。

 
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: メールボタン2.png
 

メニュー一覧

HOME

【赤外線】環境・断熱診断

【赤外線】断熱材調査

【赤外線】 雨漏り調査・相談

【赤外線】 結露調査・相談

【赤外線】 断熱性能(U値)測定

気密性能(C値)測定

【赤外線】外壁劣化診断

【赤外線】外壁タイル浮き調査

【赤外線】その他の非破壊診断

赤外線カメラによる撮影サービス

カビ対策

会社概要

contact_txt