サーモグラフィ 結露調査と対策

結露診断であなたや会社の「悩み」を解決します!!

サッシに水滴ができて、周りにカビが生えている。

雨も降っていないのに天井がに染みが出てきた。

壁や天井の入隅が、だんだん黒ずんできた。

等々、気になる現象はありませんか?これらは、殆ど結露が原因です。

結露は、たかが「水」ですが、建物や健康に被害を与えます。

建物に発生した結露は、カビ・ダニ・腐朽菌・白蟻を発生させます。これらカビ・ダニ・腐朽菌・白蟻が、人の健康を害したり、建物を腐らせたりと諸悪の根源になります。

特に、カビは、アレルゲンとなって喘息や過敏性肺炎を引き起こしたりしますので、要注意です。

◆結露の弊害

結露が発生すると、生活空間や私たちに様々な弊害が出てきます。次にその例を挙げました。

弊害1 かびによる健康への影響  

 

カビと結露は、親戚のようなものです。結露のあるところにカビ有り。と言っても過言ではありません。カビは、アレルギー、喘息、過敏性肺炎、日和見感染、カビ毒など、人の健康に様々な影響を耐えます。

弊害2 建物の耐久性への影響 

雨が降っていないのに、天井・壁・柱に染みが出てきた。といったケースの場合は、結露の可能性が高いと言えます。結露は、腐朽菌とも親戚のようなものです。結露によって含水率が上がった木材は、腐朽菌が繁殖し、建物の耐久性に大きな影響を及ぼします。  

弊害3 白蟻や羽アリの発生 

結露が発生することで、白蟻を誘引します。シロアリは、湿気が大好きだからです。白蟻の駆除をしても結露を直さないと再発します。過去の阪神淡路大震災・東日本大震災で、倒壊した多くの建物が、白蟻や腐朽菌が原因でした。その進行は、目に見えないところで進むため、気がついたときには、症状がかなり悪化していることも少なくありません。

◆結露の種類

建物に発生する結露は、いろいろな分け方があります。季節で分けるのが、夏型結露と冬型結露です。また、発生原因による分け方は、温度差由来結露と水蒸気由来結露とあります。

また、結露の原因は、暮し方であったり、断熱設計であったり、気候変動であったり、土地の湿気であったりと様々です。

このように、結露の発生要因は、複数の組み合わせによりますので、結露診断は、様々な調査を組み合わせて、要因をつきとめていきます。

◆新しい結露:夏型結露

今まで常識とされてきた断熱仕様は、冬型の結露対策が中心でした。これが、このカビ発生の原因でした。最近の猛暑によって、今までの結露対策の常識が通用しなくなってきています。これからは、夏と冬、両方の内部結露に対する防露計算を行った上で、断熱計画を作る必要が出てきました。

◆結露調査のご依頼の流れ

結露は、自然現象です。発生する原因を科学的につきとめることで解決が可能です。サーモアドベンチャーは、高性能なサーモグラフィカメラや温湿度計、ファイバースコープカメラ等で、環境データをとり、結露の発生原因をつきとめ、是正提案を作成していきます。

結露調査は、結露が発生している時期にご依頼いただくことをお勧めします。

 

1.お問い合わせ・お見積もり

まずは、メールまたは、お電話でご相談、お問い合わせください。事前に現状の写真、設計図書、現場状況などを拝見してお見積もりさせて頂きます。

2.調査

調査お申込後、スケジュールの調整の上、調査に必要な機器を持ってお伺いします。 外部からの赤外線撮影が必要な場合、雨天の際は日程が変更になります。 (遠方の場合、航空費、新幹線費用など交通費が必要になる場合があります)

3.調査報告書・是正提案書

赤外線写真の解析、可視画像、温湿度のログデータ等の解析によって、結露の原因、是正提案の報告書を作成いたします。

◆結露調査事例

冬型結露の調査事例

夏型結露の調査事例

マンション結露の調査事例

地下室結露の調査事例

◆結露調査の対象

住宅、倉庫、工場、学校、病院、企業、宿泊施設、商業店舗、老人ホーム、公共施設、マンション、重要文化財など、場所を選ばず、調査が可能です。

ご相談、お見積もりは、下記フリーダイヤルか、メールにてお気軽に!

メニュー一覧

HOME
お知らせ
ご挨拶
断熱調査
結露調査
雨漏り調査
外壁タイル浮き調査
その他のサーモ診断
除カビ・防カビ
防蟻工事
ご相談・お申し込みはこちら