サーモグラフィ 結露調査と対策

サーモアドベンチャーでは、結露による被害を防ぐために、新築・リノベーションの前に結露の調査と対策提案を行います。

◆結露の発生

結露というと、どのようなイメージを持ちますか?

●冬場にサッシのガラスを滝のように流れる水滴

●夏に飲む冷たいビールジョッキに着く水滴

●浴室の壁や天井に着く水滴

など、どちらかというと水滴のイメージが強いのではないでしょうか?            

でも、結露は、もっと人には見えないところで発生していて、私たちに様々な被害をもたらしています。

例えば、

●雨が降っていないのに天井に着く水のシミ

●押し入れの奥に発生したカビ

●部屋の角に発生したカビ

●エアコンの吹き出し口やフィルターに発生しているカビ

●夏に長く続く咳

●マンションの壁に発生しているカビ

●タンスの裏側に発生しているカビ

これら多くの原因は、結露の可能性があります。

他にもあげたら切りがないくらい結露は、日常的に発生しています。

そして、これらの結露現象は、私たちの暮らしに悪い影響を与えています。

それは、結露が、私たちの健康に害を与えるカビ・ダニ発生の大きな要因であったり、建物の健康に被害を与える白蟻や腐朽菌の発生の大きな要因であったりするからです。

特に、天井裏や壁の中、床下など、見えないところに発生する結露は、被害の進行が、わかりにくいのが特徴です。このような場合、気がついたときには、被害が拡大しているケースが殆どです。では、結露によってどのような被害が起こるのか?結露による被害を図にしました。

◆結露による様々な被害

このように、結露は、カビやダニによってアレルギーや感染症をもたらすことで私たちの健康を害したり、腐朽菌による腐食や白蟻の食害によって建物の構造体に大きなダメージを与え、私たちに様々な被害をもたらします。

◆結露の種類

建物に発生する結露は、いろいろな分け方があります。季節で分けるのが、夏型結露と冬型結露です。また、発生原因による分け方は、断熱由来結露と生活由来結露、そして温度差由来結露と水蒸気由来結露と二通りあります。更には、発生場所別に分ける、表面結露と内部結露もあります。

また、発生原因のひとつである断熱由来結露も、断熱設計が原因であったり、施工管理が原因であったり、換気計画が原因であったり、気候変動が原因であったり、土地の湿気状況であったりと様々です。

これから新築をする方、そして、リノベーションをする方は、地域の気候と土地の湿気状態にあった断熱設計と換気計画、そして正しい現場管理の出来る会社様の選択が必要です。そして、住む側にも、建物の断熱仕様にあった暮し方が必要になって来ると言えるでしょう。

◆結露の兆候

結露が発生すると、生活空間や私たちにいろいろな兆候が出てきます。その例を挙げてみました。

兆候1 かび         

スウィッチやコンセント周りにカビが出てきた。洋服にカビがつきやすい。家中がかび臭い。等々、カビと結露は、親戚のようなものです。カビが出やすくなったら、結露を疑ってみましょう。

兆候2 しみ 

雨が降っていないのに、一年中、天井・壁・柱に染みが出てきたり、カビが出てきた。といったケースの場合は、結露の可能性が高いと言えます。

兆候3 白蟻や羽アリの発生 

白蟻は、湿気がないと生きていけません。白蟻や羽アリの発生は、床下や壁の中におきている結露による水分が原因の可能性があります。

兆候4 咳   

最近、夏の咳が1ヶ月以上止まらないといったような現象が増えています。これは、 カビによる夏型の過敏性肺炎が原因であることが多くなってきました。このカビの発生原因の多くが、結露による湿気の可能性があります。

兆候5 アレルギー 

突然、カビやダニのアレルギーになって喘息やアトピーになってしまった。というケース。その発生要因が結露の可能性は高いと言えます。

このように、結露は、健康被害があるカビやダニの発生の原因となるばかりでなく、建物の耐震性や耐久性を低下させてしまうのです。

過去の震災で、白蟻や腐朽菌による耐震性の低下で、倒壊をした建物は多いのです。そして、その進行は、目に見えないところで進むため、気がついたときには、症状がかなり進行していることも少なくありません。

◆結露発生の新しい要因

最近、雨漏れの検査に伺って、今までに無かった結露が発生していることがわかってきました。それは、夏型の内部結露です。これは、最近の猛暑が原因で引き起こされています。今まで問題がおきなかった断熱仕様で作られた家が、築一年で壁の中にカビが発生しました。

今まで常識とされてきた断熱仕様は、冬型の結露対策が中心でした。これが、このカビ発生の原因でした。最近の猛暑によって、今までの結露対策の常識が通用しなくなってきています。これからは、夏と冬、両方の内部結露に対する防露計算を行った上で、断熱計画を作る必要が出てきました。

◆サーモ結露調査の流れ

1.お問い合わせ

まずは、メールまたは、お電話でご相談、お問い合わせください。事前に現状の写真、設計図書、現場状況などを拝見してお見積もりさせて頂きます。
写真や設計図書では判断できない場合は、事前調査にお伺いし、結露・カビ等の状態を確認してから、調査にかかる費用を出させて頂きます。

2.調査

調査お申込後、スケジュールの調整の上、調査に必要な機器を持ってお伺いします。 外部からの赤外線撮影が必要な場合、雨天の際は日程が変更になります。 (遠方の場合、航空費、新幹線費用など交通費が必要になる場合があります)

3.調査報告書

赤外線写真の解析、可視画像の解析等によって、結露の原因、是正提案の報告書を作成いたします。

◆結露調査事例

冬型結露の調査と対策事例

夏型結露の調査と対策事例

◆結露調査の対象

住宅、倉庫、工場、学校、病院、企業、宿泊施設、商業店舗、老人ホーム、公共施設、マンション、重要文化財など、場所を選ばず、調査が可能です。

◆結露調査のできる地域

サーモグラフィの結露調査は、全国で可能です。調査場所が、関東エリア以外の場合は、別途交通費がかかります。

◆一般のお客様で、工事までご依頼したい方へ

一般の方で、結露の調査後、対策工事を依頼したい方は、担当者迄ご相談下さい。結露対策に精通したお近くの工事会社をご紹介させていただきます。

◆結露の調査費用

標準調査費用80,000円箇所

表の結露調査の費用は、 現場の状況や構造体、箇所数によって異なって参ります。
費用の詳細は、図面や雨漏れの状況、写真などを拝見した上、お見積もりさせて頂きます。お見積もりのご依頼は、下記フリーダイヤルか、下記の「メールでのご相談はこちら」からお申し込み下さいますよう、宜しくお願い申し上げます。

メニュー一覧

会社概要
サーモ断熱・気密調査
結露調査事例
雨漏り調査
カビ・ダニ
サーモ外壁調査・外壁工事
その他のサーモ診断
サーモ防カビ対策
サーモ診断事例のご紹介
ご相談・お申し込みはこちら