カビ対策

カビ

温帯湿潤気候の日本は、夏、湿気がとても多いです。これは、カビにとってはとても生育に適した環境と言えます。梅雨から夏にかけて、パンを外に出しておくとすぐにカビが生えてきてしまう。お風呂場の目地にすぐにカビが生えてきてしまうなど、日本人は、常にカビと隣り合わせの生活をしています。外国人の方が、日本に来て、「かび臭い」 感じる人が多いのもその証拠です。

でも悪いことばかりではなく、カビの恩恵もあります。その恩恵と言えるのが、味噌・醤油・お酒などの醸造文化が育まれたことです。このように人間のために活躍しているたくさんのカビもいます。そこで、まず、良いカビのご紹介をしたいと思います。

良いカビの例

醸 造味噌、醤油、お酒などのアルコール類
畜産食品 チーズ(ブルーチーズ、白カビチーズなど)
工  業 クエン酸、グルコン酸等
医薬品 抗生物質(ペニシリン)ビタミン、抗がん剤、酵素製剤
食品キノコ等
ブルーチーズや白カビチーズは、おいしさを増します

普段からお世話になっているものばかりですね。特に、発酵する食品の多くは、カビによるものが多いことに気づかされます。それでは、今度は、人に害を及ぼすカビをご紹介します。

害を及ぼすカビの例

真菌感染症深在性真菌症 肺や内臓への異状繁殖による感染
表在性真菌症 水虫などの白癬菌症、カンジタ症など
アレルギー喘息・蕁麻疹・鼻アレルギー等 各種アレルギー
真菌中毒症発がん性物質、機能障害物質の生成
食品の変質食糧、加工食品油脂などの変敗・変質
工業生産物の劣化繊維・木材・建材・紙・塗料等々の劣化や腐食
環境の汚染空気・水

やはり、相当、人の暮しに悪い影響を与えるカビは存在しますね。とくに健康面は心配な問題ですね。次にそれぞれの病気について見ていきます。

真菌症

深在性真菌症は、抵抗力が落ちたり、抵抗力の無い乳幼児や高齢者、免疫抑制剤を使用している人の体内で異常繁殖する、いわゆる日和見感染と言われ、人によって、生命の危険にさらされることがあるので、注意が必要です。

表在性真菌症は、皮膚、毛、爪など体の表面に発症する病気で、一般的によく知られているのが、水虫、タムシ、カンジタ等で、生命に影響を及ぼすことは少ないですが、慢性化することが多いです。

アレルゲンのカビ

また、アレルギーは、カビや代謝物がアレルゲンとなって発生します。気管支喘息もその一つで、カビがアレルゲンとなっている割合は、20%前後と言われています。ちなみにダニは、喘息のアレルゲンとなっている割合は、50%ですが、カビがダニの餌になっていることを計算に入れるとカビが喘息に与える影響は、かなり大きいと言えます。

過敏性肺炎

また、咳が止らなくなる過敏性肺炎も増えています。特に猛暑の最近、エアコンの内部で繁殖したカビが、室内にまき散らされ、それを吸い込んだ人が咳が止らなくなる病気です。夏型過敏性肺炎と言われ、夏風邪と間違えられやすいですが、夏中、咳が止らなかったりしますので、注意が必要です。

エアコンには、カビが発生しますのでプロのカビ業者による除去が必要です。

他にも鼻アレルギーなどがあり、症状の重い軽いはありますが、 一般的に10%の人が鼻アレルギーになっていると言われています。

中毒症

カビの作る代謝物がブルーチーズの青カビのように美味しくて良い香りのものであれば良いのですが、ピーナッツに生えるコウジカビは、強い発がん性の毒、アフラトシキンを作ります。このような、カビが産出する毒は、10種類以上有り、その影響は、発がんの他、脳症、肝臓・腎臓の機能障害、神経麻痺、流産に至るまであります。カビの毒は、熱に強く、普通の熱処理では分解できませんので注意が必要です。

カビの生育環境

カビ菌は、日常から空気に漂っていますが、4つの条件が揃うと繁殖を始めます。それは、空気(酸素)・温度・水分(湿気)・栄養です。

このうち、カビの生育に最適な温度環境は、 15℃~30℃です。そして、水分に関しては、70%~95%が適していて、80%を越えると猛烈な勢いで繁殖します。

除カビ・防カビ

さて、いざ、カビが発生したときの対策は、どうしていますか?

まずは、カビの除去が必要ですね。通常、カビの除去は、 住んでいる方が、 市販のカビとり剤を買ってきて、拭き取ったりしているのが一般的です。しかし、市販のカビとり剤は、漂白作用は強いのですが、カビ菌を死滅させるまでには至りません。

カビの勢いが増して、範囲が広がってきたら、カビの専門業者にカビの除去と防かび工事をしてもらうのが良いでしょう。弊社でも、体に害の無いカビの除去・防カビの工事を提供しています。

カビの除去・防かび工事はこちらから

カビの環境改善対策

しかし、カビの除去や防カビ工事だけでは、根本的な解決方法にはなりません。それは、カビの生育条件を無くしていないからです。カビは、4つの生育条件があれば、いつでも繁殖してしまいます。防カビ剤の効き目もせいぜい数年です。

ですから、カビの根本的な対策は、カビの生育環境のどれかを無くさないといけません。

それではカビの生育条件の一つである空気はどうでしょうか?人が暮らす空間で、空気は必要ですから無くすことは不可能です。また、温度も、カビの生育環境は、15℃~30℃が最適ですので、人が快適に暮らす温度とカビの生育する温度は、近いので取り除くことは無理ですね。

3つめの栄養分は、掃除をこまめにして、カビが生えにくくする環境を作ることは大切ですが完全ではありません。また、防カビ剤を栄養分の上に塗布することで、カビ菌を死滅させることが出来ますが、効果は、一定の期間が過ぎるとなくなります。

最後は、水分です。通常の室内環境では、建物に殆どカビは発生しません。カビは、水分が多いところにカビは発生するのです。では、その水分はどこから来るのでしょうか?それは、結露や雨漏りが主な要因となっています。特に、高気密・高断熱化が進み、中途半端な断熱材やサッシを使用することで結露の発生が助長されています。

結露によってカビが発生しているケースでは、

①壁や天井の隅にカビが発生するケース                  ②押し入れの奥にカビが発生しているケース                ③サッシの下端にカビが発生するケース 等々、多々あります。

サッシの結露によるカビ

①の天井や壁の隅は、空気のよどみや断熱材の性能の関係 ②の押し入れのカビは、特に外部に面する押し入れに多く、外気の影響でこもった空気が結露する為③のサッシは、サッシの断熱性能が低いため周辺よりも低温になり結露が発生する為です。

また、雨漏りによっても水分が供給されるので、カビが発生します。天井の雨漏れの跡にカビが発生していたり、壁の雨漏りで、壁の表面や中にカビが発生するケースなど、様々です。コンセントやスィッチ周りから、カビが出てきたら、壁の中はカビだらけと考えて間違いありません。

雨漏りによる天井のカビ

このように、カビの発生を抑えるには、結露や雨漏れを直すことが根本的な解決方法となります。

根本的なカビの環境改善をご希望の方は、カビ発生の根本的な原因である、雨漏りや結露の原因調査を行っております。また、結露が発生しにくい環境の改善や押し入れの位置や作り方などプランへの提案もさせて頂きます。

健康で快適に暮らせるように結露・雨漏り調査からカビの除去・防かび工事までご相談下さい。

また、調査後、ご希望の方に、環境改善工事に精通した高じ会社をご紹介させて頂きます。



メニュー一覧

HOME
お知らせ
ご挨拶
断熱調査
結露調査
雨漏り調査
外壁タイル浮き調査
その他のサーモ診断
除カビ・防カビ
防蟻工事
ご相談・お申し込みはこちら