赤外線カメラによる断熱材調査

断熱材の状態が気になる方へ

赤外線カメラで断熱欠損を非破壊で調査します。

壁の中に断熱材のあるところとないところでは、温度が違っています。この温度差を高性能な赤外線サーモグラフィで検知し、断熱材欠損やずれ落ちなどの状態を調査します。断熱材の欠損は、それ自体が快適性や省エネ性を損ないます。 また、冬ですと、断熱材が無い箇所は温度が低くなるために、室内壁に結露が生じやすくなります。


★断熱材非破壊調査の有効性について

物件毎にに外壁の断面構造データから、断熱材のある場合と無い場合の室内壁面の表面温度を計算します。

下の図は、外気温8℃、室温11℃の温度差環境を作った場合のシミュレーションです。

断熱材がある室内壁の表面温度は、設計値で10.8℃(上図赤枠内)、断熱材が無い場合の室内壁の表面温度は、10.0℃(下図赤枠内)となり、その差は、0.8となります。

断熱欠損調査資料

断熱材がある壁の表面温度

断熱欠損調査

断熱材が無い壁の表面温度

使用するサーモグラフィカメラは、温度分解能力が0.03℃の高性能カメラ(下表参照)ですので、本調査の結果は有効と考えます。

高性能サーモグラフィカメラの性能表

高性能サーモグラフィカメラの性能表


下の写真は、リノベーション前の断熱材の状態です。窓周辺に断熱材の入れ忘れやずれ落ちが多く見られます。

赤外線写真の色と温度の見方

赤外線写真の色と温度の見方

赤外線写真の色と温度の見方

高性能な赤外線カメラで断熱欠損の箇所を撮影した赤外線写真

高性能な赤外線カメラでリノベーション前の断熱材の欠損を調査しました

 

断熱材の欠損は、快適性を損ない、結露を引き起こす原因になります。

断熱材の状態が心配な方、リフォームをするけどしっかり断熱材が入っているか確認したい方等、快適に暮らすため、建物を長持ちさせる為、断熱材の調査をお勧めします。

※本調査は、キッチンキャビネット等により壁面が隠れている場合やユニットバスの壁面など外壁との間に空間がある場合は、測定が出来ないことがございますので、予めご了承ください。

★調査対象エリア

調査は、全国に出張いたします。お問い合わせ、お見積もりは、下記メール・LINE・お電話にてお願い申し上げます。


ご相談、お見積もりは、下記フリーダイヤルか、メールでお気軽に!

 

ラインのQRコード


HOME

【赤外線】断熱診断

【赤外線】断熱材調査

【赤外線】 雨漏り調査・相談

【赤外線】 結露調査・相談

【赤外線】 断熱性能(U値)測定

気密性能(C値)測定

【赤外線】外壁劣化診断

【赤外線】外壁タイル浮き調査

【赤外線】その他の非破壊診断

赤外線カメラによる撮影サービス

カビ対策

会社概要