【赤外線】断熱欠損調査

お住まいを大切にしたいと想うあなたに!

非破壊で断熱材の欠損や状態を調査します。

壁の中に断熱材のあるところとないところでは、温度が違っています。この温度差を高性能の赤外線サーモグラフィで検知し、断熱材欠損やずれ落ちなどの状態を調査します。断熱材の欠損は、それ自体が快適性や省エネ性を損ないます。 また、冬ですと、断熱材が無い箇所は温度が低くなるために、室内壁に結露が生じやすくなります。 下の写真は、リノベーション前の断熱材の状態です。窓周辺に断熱材の入れ忘れやずれ落ちが多く見られます。

断熱欠損の箇所を表した赤外線写真

リノベーション前の断熱材の欠損を調査しました

快適に暮らすため、建物を長持ちさせる為、断熱欠損の調査をお勧めします。

(※断熱欠損調査は、敷地の状況や造り付け家具などにより、調査が出来ない箇所がございます。予めご了承ください)


ご相談、お見積もりは、下記フリーダイヤルか、メールでお気軽に!

 

ラインのQRコード


HOME

【赤外線】環境・断熱診断

【赤外線】断熱材調査

【赤外線】 雨漏り調査・相談

【赤外線】 結露調査・相談

【赤外線】 断熱性能(U値)測定

気密性能(C値)測定

【赤外線】外壁劣化診断

【赤外線】外壁タイル浮き調査

【赤外線】その他の非破壊診断

赤外線カメラによる撮影サービス

カビ対策

会社概要