気密性能(C値)測定

★気密性能は、なぜ必要?

最近、新築やリフォームで建物の気密性能を測定するお施主様が増えています。なぜ、気密性能を測定する人が増えているのでしょうか?

それは、建物の断熱性能が、断熱材だけでは満たされないからということが浸透してきたからです。

一般的に第一種換気システムは、エネルギーロスを60%~70%防ぐと言われていますが、気密が取れていないと、換気システムの能力通りにエネルギーロスを防ぐことが出来ません。このため、第一種換気の場合、C値は、0.5㎠/㎡~1.0㎠/㎡以下が理想と言われています。確かに、せっかく高性能な断熱材や換気システムを使っても、隙間が空いていたら寒いですし、省エネ効果もなくなってしまいます。

また、第3種換気システムは、目的が空気環境の改善ですので、C値は、2.0㎠/㎡以下が理想とされています。

さらに、隙間の箇所は、外気の影響を受けやすいので、結露を起こす原因にもなります。このように、快適性・省エネ性・耐久性を良くするために気密性能は、重要と考えられています。

★気密性能って何?

それでは、建物の気密性能って何でしょう?それは、建物のにどのくらい隙間が空いているか?を数字で表したものです。この隙間を相当隙間面積(C値(㎠/㎡)といいます。単純にいうと建物全体の隙間を床面積で割った数値です。

★どのように測定するの?

最初に、換気口などを目張り処理で塞ぎ、サッシなどの開口部を全て閉め施錠します。それから、気密測定器(下写真)をサッシなどの開口部に設置します。

気密測定をしている写真

気密測定を掃出し窓に設置している画像

気密測定器

この気密測定器で建物内の空気を外に出して、建物内外の気圧の差を測定して、隙間の面積を算出していきます。

一回目の測定で、目標とするC値が出れば、あと2回測定して、3回の平均値を出して、報告書を作成します。1回目の測定で、目標値が出せないときは、2回目の測定で隙間探しをします。

2回目の測定で、建物を負圧にしたときに外気が入り込んでくる箇所を探します。外気が入ってくる箇所は、風を感じるか、音がします。この箇所を、施工会社の方に探して頂き、隙間の箇所がわかったら、そこから空気が入らないように処理をしていただいてから、再測定します。

この作業を目標のC値に達成するまで繰り返すと言った流れです。このように、気密測定と言っても、ただ気密性能を測定をするのではなく、目標のC値に向かって測定を繰り返すという流れです。

ですから、初めての方でも、あまり心配することはありません。

★気密測定のタイミングと費用

新築時の気密測定は、3つのパターンがあります。

パターン1 気密・断熱工事終了時に行う。

    ・・・建物のおおよその気密性能が把握できて、気密が悪い場合は是正が出来る状態→50,000円+消費税

パターン2 工事完了時(お引き渡し前)に行う。

    ・・・建物の正確な気密性能が測定できますが、気密が希望通りで無い時、是正できることが限られます →50,000円+消費税

パターン3 気密・断熱工事終了時と 工事完了時の2回行う。(1と2の両方) →100,000円+消費税

そのほか、リノベーションの場合、既築住宅の気密測定も行っております。→50,000円+消費税

いずれの価格にも、移動交通費は、含まれております。測定は、関東エリア(東京、神奈川、埼玉、千葉、群馬、栃木、茨城)全域で可能です。また、その他にも、断熱性能(熱貫流率U値)測定や断熱欠損調査も行っております。

★その他の断熱診断とシミュレーション

気密測定の他に、断熱診断も行っております。

断熱診断の内容は、高性能サーモアグラフィカメラによる断熱欠損調査、外壁が設計値通りに断熱性能が出ているか測定する熱貫流率測定、また、断熱リフォームを検討の方には、断熱リフォームシミュレーションを行っております。

詳しくは、こちらをご覧下さい。

★ご依頼方法

気密測定は、一般ユーザーの方はもちろん、建築会社、設計事務所の方からでもお受けしています。

ご相談、ご依頼は、下記フリーダイヤルか、メールにてお願いします。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 電話1-1.png
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: お問い合わせボタン2.png

HOME

【赤外線】環境・断熱診断

【赤外線】 雨漏り調査・相談

【赤外線】 結露調査・相談

【赤外線】 断熱性能(U値)測定

気密性能(C値)測定

【赤外線】外壁タイル浮き調査

【赤外線】その他の非破壊診断

赤外線カメラによる撮影サービス

カビ対策

会社概要