シロアリ対策

シロアリ対策?

◆シロアリの防除対策

春になると、テレビで白蟻駆除の宣伝が増えてきます。それは、羽アリが飛ぶ季節だからです。ヤマトシロアリの羽アリは、4月末から5月上旬、雨の降った翌日の暖かい正午頃、多数の羽アリが一斉に飛び立ちます。イエシロアリの羽アリの群飛は、6月中旬から下旬にかけて日没直後に見られます。

家に羽アリを見かけたら、白蟻がいる可能性がかなり高いと思われます。

シロアリは、気がつかないうちに木造住宅の見えないところで繁殖し、構造体である「木」を食べてしまいます。構造体がシロアリに食べられてしまうと、地震が来たときに倒壊する恐れが出てきます。また、建物の耐久性も落ち、永く安心して住み続けることが、出来なくなってしまいます。

シロアリは、乾燥に弱い生き物です。ですから、白蟻が発生する要因に雨漏れや結露である可能性は非常に高いと言えます。

サーモアドベンチャーは、シロアリの予防工事から、万が一シロアリが発生したときの除去工事、そして雨漏りや結露の発生要因を突き止め、シロアリが再発しないように環境を改善するお手伝いをしています。

サーモグラフィカメラで白蟻の蟻道を撮影

◆シロアリの種類

日本で家屋に被害をもたらすシロアリには、大きく分けて二種類あります。一つは、地下シロアリでもう一つは、乾材シロアリです。

地下シロアリは、昔から馴染み?のあるシロアリで、一般に地中に生息し、乾燥に弱く、湿った木材を好んで食することから、湿材シロアリとも言われます。この地下シロアリには、昔から日本に生息する、ヤマトシロアリとイエシロアリがいます。ヤマトシロアリは、日本全国に生息し、イエシロアリは、西日本以南から東海地方に多く生息しています。現在、多くの日本の家屋に被害をもたらしているのは、この地下シロアリ達です。特にイエシロアリのコロニーは、大きく、大きな被害をもたらします。このイエシロアリが、地球温暖化と共に北上をしています。また、このイエシロアリは、アメリカの南部の暖かい地域へわたって、猛威を振るっています。

乾材シロアリは、乾燥に強く、乾燥した木材を食します。種類は、アメリカ乾材シロアリとダイコクシロアリの2種類がいます。アメリカ乾材シロアリは、アメリカから来たシロアリで、全国に広がりつつあります。コロニーは小さいのですが、飛来して、建物に住み着くために、発見が遅れることがあり、その結果、被害が大きくなることがあります。ダイコクシロアリは、沖縄地域に生息し、生息数はさほど多くありません。

アメリカで猛威を振るうイエシロアリ

◆防蟻対策の世界の常識は、ホウ酸

従来からの防蟻剤は、人体への影響があったため、現在は、毒性の弱いものに変わっています。その為、保証期間も5年間と短い期間となっています。しかし、
よく考えると、 保証期間が過ぎた後、合板や石膏ボードに囲まれた場所は、再び施工は出来ません。

そこで、注目されてきたのが、ホウ酸による防蟻処理です。シロアリが、ホウ酸を浸透した木材を食すると、シロアリが死んでしまいます。ホウ酸は、元々が鉱物で揮発しないため、半永久的に効果が期待されると言われています。このホウ酸は、人間には害がありませんので安心です。弊社では、このホウ酸を使用して、防蟻工事を行っています。

ホウ酸にはかないません!

◆白蟻の発生要因

それでは、日本で一番被害をもたらしている地下シロアリは、どのような環境で発生するのでしょうか?それは、水分のある環境です。すなわち、湿気や雨漏れ、結露がシロアリを地中から呼び込む大きな要因なのです。シロアリや羽アリが発生したら、防除も大切ですが、その根本となる要因を探して改善しなければ、再び彼らはやってくるでしょう!

◆水に弱いホウ酸

半永久的なホウ酸も唯一、苦手なものがあります。それは、水です。ホウ酸は、水によって溶脱してしまいます。シロアリが発生したときは、 雨漏れや結露の 原因を突き止め、環境改善を提案します。

サッシから雨漏れしている赤外線写真
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: フリーダイヤルマーク.png



メニュー一覧

HOME
お知らせ
ご挨拶
断熱調査
結露調査
雨漏り調査
外壁タイル浮き調査
その他のサーモ診断
除カビ・防カビ
防蟻工事
ご相談・お申し込みはこちら