マンション結露の調査事例

マンションの結露とカビ事例(東京都武蔵野市)

築25年の都内マンションの1Fに発生した結露、カビの事例です。昨年、12月に入ると北側の部屋に結露とカビが発生。原因の調査に伺いました。発生したのは、北側と東側の外壁に面する壁とそのコンセント付近、天井のコーナー付近です。

結露発生箇所の図面

赤枠の箇所に結露とカビが発生しました。

マンション結露によるカビの写真

窓の下に大量のカビが発生していました。

調査は、最初にサーモグラフィカメラによる漏水の有無確認、雨水浸入の可能性の確認を行いました。

サーモグラフィによる雨漏り調査の写真

サーモグラフィで窓下から雨漏りと思われる低温を検出しました

天井の赤外線写真

天井には水らしい低温は検出されませんでした

調査の結果、壁の一部から雨水の侵入跡を発見。防水処置をします。天井からは、雨漏りや漏水は、確認できませんでした。次に結露の発生しそうな熱橋部を調査します。

壁面の赤外線写真

壁のコーナーやコンセント付近の温度が低くなっています

壁コーナーとコンセントに顕著な低温がありました。結露の発生箇所と一致します。次に 各室の水蒸気量を調査しました。

水蒸気量調査の図面

各部屋の水蒸気量を測定しました。浴室に近いほど、水蒸気量が多くなっています

その結果、水蒸気量の量は、浴室天井裏が最も多く⇒浴室⇒洋室⇒トイレの順となっていました。また、外気は、室内より水蒸気量が少ない状態でした。このことから、浴室に近いほど、水蒸気量が多いため、結露の原因の一つである水蒸気は、浴室からきていることがわかりました。実際、お住まいの方に聞いてみると、浴室の換気扇は、入浴後30分くらいしか回していないそうです。

換気口の風量を測定した写真

換気口の出口で風量を測定したところ、充分な風量が出ていました

マンションは、気密性が高いので、水蒸気がこもりやすいと言えます。浴室の換気扇は、24時間回しておくことが、効果的です。

浴室の換気扇を回しておいても結露が起きる場合は、洋室の断熱工事が必要です。今回は、住む方には浴室換気扇を24時間回していただくことを提案し、オーナー様には、結露計算によって、内窓の取り付けと壁と天井の断熱工事 を提案させて頂きました。

◆カビ工事について

今回は、カビの除去工事も行いました。かなりカビが進行していましたが、すっかりきれいになりました。防カビ処理もしたので、安心して暮らせます。

カビ菌は、完全に死滅させないと再発します。市販のカビ取り剤は、見た目はきれいになりますが、完全にカビを死滅させないので、耐性が出来て却って悪化することがあります。

◆結露調査の費用

マンションの結露調査にかかる費用は、 現場の状況や構造体、箇所数によって異なって参ります。 費用の詳細は、図面や雨漏れの状況、写真などを拝見した上、お見積もりさせて頂きます。お問い合わせやお見積もりのご依頼は、下記フリーダイヤルか、下記の「メールでのご相談はこちら」からお願い申し上げます。


 

ラインのQRコード


HOME

結露対策 TOP

寝室結露の調査事例

夏型結露の調査事例

冬型結露の調査事例

地下室結露の調査事例