断熱リノベーションの調査事例

健やかな住まい作りのために今のお住まいを正しく知りましょう

楽しい暮しは、健康から始まります

《K様邸 断熱リフォーム診断事例》

◆きっかけ

今住んでいる、築35年の在来木造住宅が、冬の朝、洗面所が寒くて、顔も洗いたくない。 もっと、楽しく快適に暮らしたい 。それに、冬にクールショックで、脳梗塞になることも心配!         だから、断熱工事を行って快適な暮しを手に入れたい!というK様の診断事例をご紹介します。

1.断熱材の欠損調査

◆天井が異常な高温を示していたため、床下と天井裏を確認したところ、断熱材が入っていませんでした。

断熱材の調査:天井裏
断熱材の調査:床下

2.壁内結露カビ調査

コンセントボックスからファイバースコープカメラで壁の中を調査したところ、カビが発生していました。原因は、断熱性能が低いために起こる結露です。カビの除去・防かび工事を行った上で、結露が発生しない環境を作るための断熱工事が必要です。

3.気密測定

気密測定で隙間相当面積(C値)を測定しました。

◆気密測定の調査結果

4.壁の断熱性能(熱貫流率:U値)の測定調査

壁の断熱性能の測定図
断熱性能調査:熱貫流率測定の壁位置

◆断熱性能の測定調査結果

断熱性能調査結果

5-1.今のお住まいの断熱性能

現状の断熱性能

5-2 今のお住まいの光熱費シミュレーション

現状の光熱費シミュレーション

5-3 今のお住まいの性能基準

断熱性能評価

6-1.リノベーション計画の断熱性能

リノベーション後の建物性能

6-2.リノベーション計画の光熱費シミュレーション

リノベーション後の光熱費シミュレーション

6-3.リノベーション計画の省エネルギー基準

現在のお住まいとリノベーション計画後のお住まいの省エネルギー基準比較を行いました。                               断熱性能等級1から断熱性能等級4(最高等級)へ大きく性能が向上しています。

リノベーション前後の省エネ基準の比較

7.健康で快適なリノベーション提案

①建物検診:断熱欠損調査

★断熱欠損調査:断熱材がはじめから入っていなかったと推測できる場所や、断熱材の垂れによる欠損が見受けられました。リフォーム後のシミュレーションでは、セルロースファイバーを想定しておりますが、施工は専門業者が行いますので、安心です。

②建物性能測定

★断熱性能測定・・・測定した壁の断熱性能は、新省エネルギー基準に該当し、天井・床は、断熱材が無く、旧省エネルギー基準に届かない低い性能でした。

その結果、家全体の断熱性能UA値としては、2.37W/Kと旧省エネ基準を下回り、断熱性能は、等級1と最低等級となっています。

★気密測定・・・測定した建物の気密性能C値(隙間相当面積)は、9.91㎠/㎡と低気密の性能値を計測しました。家に28cm角の穴が空いていることになりますので、すきま風が入り込む冬寒い家と言えます。従いまして、エネルギーロスが非常に大きい家となっています。

今の気密住宅基準では、2.0㎠/㎡を上回る性能を持った住宅が基準となっておりますので、比較すると遙かに隙間の多い家と言えます。

③外皮性能・光熱費

現在の住まいとリフォーム後の外皮性能・エネルギー消費量・光熱費の比較を行いました。断熱材は、壁・天井にセルロースファイバーを使用し、床は、押出法ポリスチレンフォームを使用しました。

サッシは樹脂サッシへ交換するシミュレーションをしています。二重サッシにした場合でも、性能の差は、少ししか違いませんが、まれに、二重サッシの間で結露が生じることがありますので、安全を見て交換にしています。

このように、建物の断熱性能を上げ、サッシを交換することで、断熱性能等級は、現在の最低等級1から、リフォーム後は、等級4と最高等級となります。その結果、建物は、冬温かく、夏は冷房効率の高い快適な住まいに改善されます。

光熱費のシミュレーションで比較すると、年間54,000円程の冷暖房費が、節約できます。更に浴槽の断熱化や照明を省エネ仕様に変更することによって、更に年間22,000円程の光熱費の節約ができるという結果が出ました。

このように、シュミレーションの段階では、トータルで年間76,000円ほどの光熱費の節約ができる計算ですが、家電製品や空調設備の省エネ化等で、更なる光熱費の節約が見込めます。

また、今回の燃費シュミレーションでは、気密性能が反映されておりません。今回の工事で気密性能を上げることで、快適性は、数値以上に向上されるでしょう。尚、気密性能を上げる際には、計画換気を行い、★★★★建材の使用に留意しましょう。

◆断熱調査・断熱診断の価格表

リノベーションをする際にお得なパッケージ調査です。不明な点やお悩みがございましたら、遠慮無くご相談・お問い合わせください。

本格的に 断熱・気密工事に300万円以上費やそうとお考えの方には、お勧めのパッケージ調査プランです。

  パッケージ調査プラン価格(税別)   備   考

断熱測定・気密測定・断熱材診断
 100,000円壁内調査を含みます
断熱測定・気密測定・断熱材診断
光熱費シミュレーション
 150,000円壁内調査を含みます
シミュレーションは、
3パターン迄可能です

間違った計画や工事は、断熱効果が出なかったり、結露やカビを発生させる要因になります。 ご心配の方には、正しい知識と経験を持ち、 断熱リノベーションに精通した、ビルダーをご紹介致します。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: フリーダイヤルマーク.png
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: メールボタン2.png

メニュー一覧

会社概要

サーモ断熱・気密調査

結露調査・診断

冬型結露の調査と対策事例

夏型結露の調査と対策事例

雨漏り調査

サーモ外壁調査・外壁工事

その他のサーモ診断

サーモ防カビ対策

サーモ診断事例のご紹介

ご相談・お問い合わせはこちら