冬型結露の調査と対策事例

結露が役に立つときもありますが、、、

◆サーモ結露調査・対策提案の事例 (冬型結露)

下の写真は、冬型の結露によって、吹抜けに発生したカビです。

吹き抜けの結露によるカビ
吹き抜け窓の結露によるカビ

赤外線画像でカビの場所を撮影しました。

吹き抜けをサーモグラフィで撮影しました。カビが生えている場所が、2x4材があります。2x4材が熱橋部となって、冬型結露を発生させていました。

その他のサッシの状況

他のサッシも低温による冬型結露が発生していました。ペアガラスサッシでしたが、フレームがアルミであるため、他の箇所より温度が低くなり、結露が発生していました。

考 察

今回のケースでは、2Fにキッチンがあり、換気システムが導入されていなかったため、温かく湿った空気が、吹き抜けの2Fエリアや2Fの居室に滞留し、2x4材やサッシの熱橋部で冷やされ結露を起こしていました。

《結露対策》

①除カビ・防かび工事・・・吹き抜けの壁を剥がし、壁内の状況を確認し、除カビ・防カビ工事を行い現在のカビを徹底的に除去する。エアコンは、普通のクリーニングではカビが除去できないため、専用の除カビ剤で、洗浄処理を行う。

②環境対策工事①・・・2Fの吹抜けに空気が滞留しないように吸気口を設け、対角線上に24時間換気扇を取り付け、冬の乾いた空気を取り入れ、湿度を下げる。

③環境対策工事②・・・サッシを樹脂か木製サッシのペアガラスサッシに取り替える。スペーサーは、樹脂のものを使用する。

◆結露調査の勧め

結露の原因は、様々です。カビが生えている。天井が濡れてきた。といった現象が現れたら結露は進んでいる可能性が高いと言えます。

結露は、冬型結露、夏型結露、水蒸気由来結露、温度差由来結露など、原因によって様々な種類があります。原因によって対処方法が全く異なりますので、正しい工事をする為にも結露の調査をお勧めします。

◆結露調査の費用

結露調査と対策提案の価格は、下記通りとなります。調査範囲や内容によって費用が変わります。ご相談・お問い合わせ・お見積もりは、費用がかかりませんので、まずは、お気軽にお問い合わせください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: フリーダイヤルマーク.png

夏型結露の調査と対策事例

サーモ結露調査と対策提案

メニュー一覧

HOME

会社概要

サーモ断熱・気密診断

結露調査・診断

サーモ雨漏り調査

サーモ外壁診断・外壁工事

その他のサーモ診断

サーモ防カビ対策

サーモ診断事例のご紹介

ご相談・お申し込みはこちら