夏型結露の調査と対策事例

◆サーモ結露調査・対策提案の事例

1.夏型結露によってスウィッチ・コンセント周りに発生したカビ

下の写真は、スィッチ周りにカビを発見した写真です。

スウィッチ周りに発生したカビ 
換気システムで全室へ回ります。

スウィッチプレートを外し、壁の中をファイバースコープで見てみました。すると、間仕切り壁の中は、カビであふれていました。カビ菌は、間仕切り壁の中を循環して家中に回りますので、健康被害が心配です。

カビ発生の原因を探るために小屋裏に入ってみました。断熱材をめくると気密シートの上に水が溜まっていて、プラスターボードにカビが発生していました。間仕切り壁内のカビの原因は、天井裏に生じた結露から湿気がおりてきて、発生していました。

小屋裏結露の原因は、小屋裏の換気量不足でした。

カビの除去・防かび処理を行うだけでは、再発してしまいますので、根本的な小屋裏環境の改善工事を行います。

《今回の結露対策》

小屋裏の湿度を下げるため、小屋裏に必要な換気量を計算して、自然換気か、強制換気を行います。

次に、カビの発生している箇所を解体して、除カビ処理、防カビ処理を行います。除カビ防カビ処理方法は、こちらをご参照下さい。

2.小屋裏の夏型結露の調査と対策提案の事例

建築途中の現場から、雨漏れの知らせで現場へ行きました。現場に着いてみると、雨の降っていない日でも、断熱材が濡れてくるとのことでした。

下の写真は、屋根の下地合板の状態を見るために、吹付の断熱材を撤去した写真です。

小屋裏の屋根断熱材を剥がしたところ

下の写真は、サーモグラフィカメラで棟周りの屋根下地合板の温度を測定した写真です。棟を境に北側の合板の温度が低くなっていました。

サーモグラフィで棟まわりの温度を測定しました

屋根下地合板の含水率を計った結果が、下の図です。サーモグラフィで低温に出た部分の含水率が高く出ています。棟木は乾いていました。

通気工法で、日中、暖められ棟付近に上昇し、滞留していた湿った空気が、夜間に冷やされ、発生した結露でした。

《今回の結露対策》

温かく湿った空気が、小屋裏通気層に滞留していた為、棟換気を取って、空気を外へ排出することにしました。その結果、結露は発生していません。

◆結露調査のお勧め

結露の原因は、様々です。カビが生えている。天井が濡れてきた。といった現象が現れたら結露は進んでいる可能性が高いと言えます。


結露は、冬型結露、夏型結露、水蒸気由来結露、温度差由来結露など、原因によって様々な種類があります。原因によって対処方法が全く異なりますので、正しい工事をする為にも結露の調査をお勧めします。

◆結露調査の費用

結露調査と対策提案の価格は、下記通りとなります。調査範囲や内容によって費用が変わります。ご相談・お問い合わせ・お見積もりは、費用がかかりませんので、まずは、お気軽にお問い合わせください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: メールボタン2.png

冬型結露の調査と対策事例

サーモ結露調査と対策

メニュー一覧

HOME

会社概要

サーモ断熱・気密診断

サーモ雨漏り調査

サーモ外壁診断・外壁工事

その他のサーモ診断

サーモ防カビ対策

サーモ診断事例のご紹介

ご相談・お申し込みはこちら