地下室結露の調査事例(町田市)

東京都町田市で8月に地下室の壁に水が発生したとのことで、調査に行ってきました。RC造のビルの地下室です。最初に水蒸気調査を行いました。

地下室結露調査の図面

地下室の州蒸気量測定図

外気より地下の方が、水蒸気量が多いことがわかります。

次に、サーモグラフィカメラで、壁の温度調査を行います。下の画像は、異常と思われる箇所をピックアップした画像です。

地下の壁温度の変化を写した赤外線写真

地下壁の温度分布です。下の方が露点に達しています。

地下のエレベーター室の壁温度を撮影した赤外線写真

水蒸気量から露点温度を計算すると下の壁温で結露する結果に。

地下室の壁の温度分布を撮影したサーモグラフィ画像

地下水と思われる低温が見られます。

階段室と地下室の壁の温度に異常がありました。特に階段室の壁は、急激に温度が下がっている箇所が見られました。地下水の影響で、壁の温度が急に低温になってると思われます。

また、換気扇の周辺を撮影しましたが、換気扇が動いていないことがわかりました。

地下の水蒸気量が多いのは、地下水の影響とコンクリートからの水蒸気、換気扇が機能していないことが原因と考えられます。水蒸気を減らす為に防水対策・換気対策を施すことと、壁の低温を防ぐため、断熱材施工を提案させて頂きました。

◆結露調査の費用

結露調査にかかる費用は、 現場の状況や構造体、箇所数によって異なって参ります。 費用の詳細は、図面や雨漏れの状況、写真などを拝見した上、お見積もりさせて頂きます。お問い合わせやお見積もりのご依頼は、下記フリーダイヤルか、下記の「メールでのご相談はこちら」からお願い申し上げます。

ご相談、お見積もりは、下記フリーダイヤルか、メールでお気軽に!

HOME

結露対策 TOP

寝室結露の調査事例

夏型結露の調査事例

冬型結露の調査事例

マンション結露の調査事例