サーモグラフィ 外壁診断の事例

住宅から事業用建物まで、外壁の劣化状態、雨水の浸透状況を赤外線カメラで撮影して、適格な処方箋を作成します。

その外壁、目で見るだけで本当に大丈夫ですか?

人の目で見ると外壁の表面の劣化状況しかわかりませんが、赤外線カメラで見ると、内部の状態が見えてきます。 サーモアドベンチャーは、赤外線サーモグラフィで外壁の劣化状態を診断して、劣化状況に応じた塗料の選定や工事の提案をいたします。 建物のためにも安心ですし、生涯のメンテナンス費用も減らせます。

外壁劣化の診断事例

1.一般住宅:塗り壁の診断事例

築10年の木造住宅です。下の写真は、目で見た場合と赤外線で見た写真の比較です。 左は、目で見える画像です。特に異常は見られません。右が、赤外線で見る画像です。青い部分が雨水と思われる低温です。

雨水が塗膜層を通り抜けて浸透しています。室内側から赤外線で見たら、雨水は浸入していませんでした。表面塗膜が劣化していて劣化ステージ3です。 劣化の状態が目で見るよりもかなり進んでいるのがわかります。耐久性の高い塗料をお勧めします。

2.サイディングの診断事例

築25年の木造住宅サイディングの劣化写真です。劣化のために赤丸で囲った場所の塗料が劣化して、雨水が浸透しています。シーリングも劣化して防水機能が無くなっていました。

この場合、❶一度、既存の塗料を剥がしてから、再塗装する方法、❷上からサイディングを貼る方法、❸メッシュ+樹脂モルタルで塗り壁にする方法の3つの選択肢があります。今回は、 アメリカでは50年保証の高耐久シーリングを施した後、 美観的な面から❸の方法にしました。

3.店舗物件の診断事例

築30年の鉄骨造のALC外壁物件です。左が7色の画像、右が、雨水が浸透している低温を抽出した画像です。右画像を見るとより、雨水が外壁に浸透しているのが、わかります。

オーナー様は、あと10年は建物を持たせたいとのご意向でしたので、ゴム製の遮熱・防水塗料を提案しました。

4.工場の診断事例

下の写真は、 築25年の3F建て鉄骨造の工場の外壁劣化状態を写した写真です。雨漏りがしていました。赤線で囲った外壁のジョイントから、雨水が浸入しているのがわかります。永く放置していると、構造体を腐食させる恐れがあります。

高耐久性の輸入シーリング材を施工した後に、全体を防水性のある遮熱防水塗料で覆うことにしました。

サーモ外壁調査をご依頼いただく流れ

1.お問い合わせ・お見積もり

まずは、メールまたは、お電話でご相談、お問い合わせください。事前に写真、設計図書、現場状況などご用意頂き、調査にかかる金額をお見積もりします。

2.外壁劣化診断

サーモグラフィカメラ・スコープカメラ等の機器によって外壁状態を撮影します。雨天の場合は、日程が変更になります。

3.報告書作成

赤外線写真の解析、可視画像の解析等によって、外壁の劣化状況の診断、是正の報告書を作成いたします。

サーモ外壁調査の可能エリア

サーモ外壁調査は、全国へ参ります。調査場所が、関東エリア以外の場合は、別途交通費がかかります。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: メールボタン2.png



メニュー一覧

HOME
お知らせ
ご挨拶
断熱調査
結露調査
雨漏り調査
外壁タイル浮き調査
その他のサーモ診断
除カビ・防カビ
防蟻工事
ご相談・お申し込みはこちら



contact_txt