筋交い・劣化診断

サーモアドベンチャーは、高性能赤外線サーモグラフィで建物の状態を撮影して、劣化の早期発見をしたり、快適で光熱費を安く抑える為の断熱の提案を致します。非破壊診断なので、建物を傷めずに検査が可能です。

1.筋交い診断(構造駆体撮影)

古い建物ですと、図面上に筋交いがあると明記されていても実際は入っていないことがあります。図面通りに筋交いや構造駆体があるか?等を検証します。また、既存の図面が残っていないといった場合も、サーモグラフィカメラで筋交いの位置などを調べて、図面作成のお手伝いも致します。非破壊で耐震工事を行う際には、ぜひご利用ください。

筋交い診断の事例はこちらから

2.外壁劣化・雨水浸透非破壊診断

サイディング・塗り壁・タイルの外壁には、素材、シーリング、下地の劣化があります。シーリング材は、7年くらいから劣化が始まると言われています。また、素材の劣化は、素材の質や周りの環境にもよって様々ですが、塗り壁の仕上げ材で早い物だと5~6年から始まると言われます。劣化が始まるとそこから雨水が浸透し、凍結や結露、下地の腐食を引き起こして、劣化を進行させます。更に劣化が進行すると、雨漏れ、腐朽菌の繁殖、白蟻の食害など、構造駆体に影響が出てきます。

このように劣化は、見えないところで、進行していきます。目視だけの判断でメンテナンスを行うと、数年で問題が表面化して来ることがあります。人の病気が、症状が出てきたときには、かなり進行しているのと同じです。

外壁塗装をするときやリノベーションをするときは、良い機会です。ぜひ、赤外線サーモグラフィカメラで非破壊の劣化診断をしましょう。

適切な診断に適切な処方をする事で、生涯メンテナンス費用は必ず減らせます。

壁劣化・雨水浸透撮影の事例はこちらから

3.断熱欠損の非破壊診断

左の写真は、断熱材が、年月と共に垂れ下がってきた写真です。窓の上の壁は、断熱材を入れにくいので、施工の際にしっかり止めていなかったりすることがあります。右の写真は、断熱材を入れ忘れた画像です。2x4の壁の中が大きな穴が空いたようになっています。

赤外線サーモグラフィでは、壁を壊さず非破壊で、断熱材の入れ忘れや、ずれ落ちなどを見つけて、無駄の無い効率的な断熱リフォームが行うことが出来ます。

断熱材の垂れや欠損は、断熱性能を下げるばかりで無く、壁内結露の要因になります。結露は、構造駆体を腐らせたり、カビの発生の原因となって健康被害を起こしたり、白蟻のすみかになったりしますので、早めに直しましょう。

断熱欠損検診の事例はこちらか