シロアリ調査の事例

◆起きた現象:1Fの掃出しサッシの上枠に穴が空いてきて、そこから粉のようなものが落ちてきた。

掃出しサッシの上枠部を普通のカメラで撮影しました。

掃出しサッシの上枠が変色しています

写真を拡大してみると、変色して腐った状態でした。

変色して腐食していました

サッシの上枠付近をサーモグラフィカメラで撮影しました。サッシの上枠かわ、下に向かって低温が伸びています。また、枠の上部の天井に低温が広がっています。2Fから雨漏れがしている可能性が高いと言えます

掃出しサッシの上枠付近の赤外線写真

同じ箇所を外から赤外線カメラで撮影しました。2Fベランダの際から1Fサッシ上枠に低温の筋が見えます。雨水が、ベランダと外壁の際から1Fサッシ枠上枠部に漏れていると思われます。

ベランダと外壁の際から1Fサッシ上に雨が漏っている

2Fベランダから同付近を赤外線カメラで撮影しました。2F掃出しサッシの雨戸が、建物の中に入り込んでいて、雨水を受ける形になっています。シーリング処理がしてありますが、劣化していて、雨水が下へ浸透していると思われます。

1F掃出しサッシ下の人工芝をめくってみると白蟻がいました。

2Fベランダと外壁の際から雨漏れが発生し、その水分が床下に到達し、シロアリを誘引したと考えられます。雨漏れの範囲が、1F天井にも広がっている可能性が見られましたので、天井まで解体し、白蟻の被害範囲の確認が必要です。

また、シロアリの誘因となった雨漏れは、2F掃出しサッシの雨戸が、洋室壁に入り込んでいる悪い納りのためと考えられます。外壁に入り込まないサイズの掃出しサッシに取り替え、雨漏れを直してから、シロアリの除去と防蟻処理を行います。

サーモ白蟻対策

メニュー一覧

会社概要

サーモ断熱・気密調査

サーモ雨漏り調査

サーモ結露調査

サーモ防カビ対策

サーモ外壁調査・外壁工事

その他のサーモ診断

サーモ診断事例のご紹介

ご相談・お申し込みはこちら